このエントリーをはてなブックマークに追加
ブライニング


『ブライニング』
という、調理技術があります。
これは、鶏肉をしっとりとさせ、おいしく調理するのに素晴らしい技術です。
うまく火入れをしないと、パサパサする鶏胸肉なんかも、ブライニングすることで、
しっとりとして、程よい塩気がつき、香辛料を使えば臭みも抑えられたりします。
ちなみに、鶏肉以外ではあまり向かないようです。

僕のおすすめのブライニングは、

鶏肉(胸肉でも、もも肉でも可) 1枚(200g~300g)
<ブライニング液>
水 100ml
塩 5g
しょうがすりおろし ひとつまみ

にて、最低30分~MAX24時間で漬け込みます。
ブライニングした鶏肉を、グリルで焼くだけでもおいしいですし、
親子丼に使用しても抜群においしいです。
ちょっとびっくりするくらい便利な技術です。

どうやら、このブライニングというのは、アメリカ発祥の技術らしく、
アメリカのサイトで面白いものがあったので紹介しますね。


要所を日本語に訳すと・・・

 ブライニングは肉を美味しく、使い易くするのに素晴らしい技術だ。
 トーマスケラーのレシピを紹介する。
 フライドチキンや、ローストチキンの際に、ブライニングをすると良いだろう。
 まず、レモンが重要!鶏肉を素晴らしく良くするからね。
 そして、ハーブ類がいい風味を鶏肉につけるんだ。
 まぁ、簡単だし、色々なシーンで活用できるからやってみてくれ。

 【レシピ】
 ブライニングチキン(鶏肉の塩水漬け)トーマスケラースタイル

 <材料>
 鶏胸肉 600g
 レモン 1/2個
 ローリエ3枚
 イタリアンパセリ 生 適量
 タイム 生 適量
 ※上記ハーブは、小枝のまま1~2本加えればよい
 はちみつ 大さじ1
 ニンニク 2かけ
 ブラックペッパー(粒) 小さじ1
 塩 20g
 水 550ml

 <作り方>
 ①鶏肉以外の材料を混ぜ合わせ、塩が溶けるまで熱する
  ※このブライン液は冷蔵庫で3日間程保存可能
 ②①を冷まして鶏肉を12時間漬ける
  ※12時間以上漬けると、しょっぱくなり過ぎる
 ③鶏肉を取り出し、冷水で表面をゆすぐ
 ④表面の水気を切り、使用するまでに室温に戻しておく
 あとは、この鶏肉を焼いて食べたり、フライドチキンとかにも応用できるようです。

四川式汁なし担々麺専門店「タンタンタイガー」を2016年8月10日に蔵前にオープン!
Facebookページに「いいね!」で応援してもらえれば嬉しいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加