このエントリーをはてなブックマークに追加

トリュフ・・・・

初めて食べた時に本当にその香りに驚いた。
その強烈な香りが体を突き抜けて、太もも位まで到達したような感覚になった。
しかし、トリュフは高い!!
しかも食べようと思うと、フレンチ、イタリアンとかの高級店に行かないとなかなか食べれない。

そんな、庶民の悩みを解決するアイテムがこれ。


トリュフソルト!!
トリュフソルトもなかなか混合玉石で、ひどいものになるとトリュフの香りが乏しい上、ガーリックとかが入ってるようなものもあるが、これは間違いない。
イタリア食材の信頼性の高いCONTI社のもの。
※アマゾンで買えまっせ。
蓋を開けた瞬間、高密度の香りの塊に鼻をパンチされたような感じになります。
香りが強すぎる・・・!
しかも、これ一瓶で1200円/50g。
かなりコスパがいい!

そして、こいつを最高に生かせる庶民の贅沢レシピを2つ紹介したい。
~その1~
トリュフバケット

<レシピ>
◆材料
バケット 1/3
※パン屋とかでおいしいものを買って来よう!
無塩バター 20g位
トリュフソルト 小さじ1/2位

◆作り方
①バケットを上から1/3サイズにカット
②オーブンを熱し、180℃の温度で15分
③熱したバケットに横から切れ目をいれ、開いて、そこにバターをたっぷり乗せる
④③をオーブンに入れて1分待つ
⑤バターをバケットの断面に塗りたくり、しっかり溶かす
⑥トリュフソルトを適量かけていただく
完成


超簡単。
しかし、この料理がトリュフソルトを生かす料理、としては最高なんじゃないかと思う。
そして、バケットをおいしく食べる最高の方法か・・・?と天狗になっちゃう位のおいしさ。
シンプルだからこそ、バケットはオーブンでじっくり温めたいし、バターはたっぷり塗りたい。
そして、トリュフソルトをなるべくたくさん使いたいので、必ず無塩バターにすること!
これをおいしいバケットで作ると、もう、食った瞬間から笑っちゃう位うまい。
あーーー、、書いてて食べたくなってきた。
ちなみに、今回は白トリュフオイルも加えた。

白トリュフオイル 2500円/36ml

でも、白トリュフオイル使わなくても、全然うまい。てか最高。
てか、コストパフォーマンス考えると、トリュフソルトだけの方が絶対いい。

そして、もうひとつのレシピは、

~その1~
トリュフパスタ

<レシピ>
◆材料
太めのパスタ 乾麺の状態で160g
※うまいパスタを買おう
無塩バター 50g
卵黄 2個
トリュフソルト 小さじ1/2位

◆作り方
①0.8%のお湯でパスタを茹でる
②ステンレスボウルに無塩バターを入れ、ボウルをパスタ鍋の上にかざして、熱で9割溶かす
③2にトリュフソルトを小さじ1/4ほど入れる
④茹で上がった麺を③に入れる
⑤手早く麺を和え、バターが麺に絡んだら卵黄を入れて、更にかき混ぜる
⑥塩気の具合を見ながら、トリュフソルトを更に加える ※分量外→小さじ1/4位が妥当

完成



今回は、2.2mmの極太パスタを使った。
これもマジでおいしい!!
トリュフの香りがブワーって全面に出てきて、麺を噛み締めると、小麦の甘い味がしっかり感じられる。
トリュフの香りと、麺の味をガッツリ感じられるパスタ。
デパートとかで、高いパスタを買ったら、是非作ってみてほしい。
麺の個性をかなり味わえる料理。しかも簡単、失敗がない。

ちなみこのパスタ。

Pasta Manchini社
の2.2mmのスパゲッティ。
この麺で作ると、マジでヤバイです。
麺の、小麦の甘さ、風味、ワシワシした食感がたまらなくて、炭水化物のうまさをこれ以上ない位に感じられる。
このパスタもアマゾンで買えるので、是非!

ってことで、トリュフ好きも、「トリュフってどんな味?」って思ってる人も是非作ってみてほしい。

四川式汁なし担々麺専門店「タンタンタイガー」を2016年8月10日に蔵前にオープン!
Facebookページに「いいね!」で応援してもらえれば嬉しいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加