このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は、スーパーとか、農産物マーケットとかで、良い葱が手に入ったら是非とも作ってみてほしいレシピを紹介する。
それが"焼き葱"。
この料理以上に、葱の味をダイレクトに味わえる料理はなかなかないんじゃないか?と思える位の自信があって、シンプルながらにも、ガツンとインパクトのある味わい。
特に、「下仁田ネギ」みたいなブランド葱とかで作ると、この料理法が真価を発揮して、驚く程おいしいし、『素材によってこんなに味が違うのか・・・!?』みたいな感動も得られるはず。

普段あまり料理をしない人も、『素材の味を引き出す』ということを学べるし、『ブランド食材っておもしろい!』っていう発見にもつながると思うので、是非作ってみて!

<レシピ>
◆材料
葱 2本
※葱は、白い部分が太くて、張りがあって、ツヤがあり、最低でも、直径2cm以上あるもの。そして、青い部分は、しなびていなく、ピンとした張りがあるものを選ぶ
今回は、"なんでも葱"という直径3cmの葱を使用

ごま油40cc
※なければサラダ油でも可

醤油35cc
だし汁
→カツオ節10gに熱湯100ccをかけ5分置いて、ザルで濾す

カツオ節 一つまみ
一味唐辛子 好みの量 ※なくてもよい

◆作り方
①葱を4cm位の長さに切る
②フライパンを強火にかけ、油を入れ高温にし、葱の白い部分を投入
③1~2回鍋をゆすったら、しばらく触らず置いておく
④葱のフライパンに接している面にキツネ色くらいの焼き色がついたら、葱を箸で少し転がして、別の面にも焼き色をつける
⑤④で、別の面にもキツネ色の焼き色がついたら、葱の青い部分を投入
⑥フライパンを時々ゆすりながら、青い部分がクタッとなるまで火を入れていく
⑦青い部分がクタッとなったら、だし汁を入れ、ほとんど汁気がなくなるまで煮詰める
※これくらいの焼き色・火入れ加減を目指す
⑧醤油を入れ、フライパンをゆすって30秒くらい炒める
⑨皿にとり、カツオ節、一味唐辛子を振って完成
◆コツ
・ずーっと強火!中華鍋があれば、白い煙が立つくらいまで、フライパンを温めてから葱を入れる
・油はたっぷり使う!絶対に目文量にせず、分量をしっかり守る
・フライパンに葱を入れたら、あんまり混ぜたりいじくったりしない。
 必要以上に鍋振ったり、箸でかき混ぜると、フライパンの温度が下がり、葱がシャキッと仕上がらない


目指すべき歯ごたえとしては、『トロシャキッ』
油と、醤油と、葱のだしが完全に乳化して、トローッとしたソースに、トロシャキの葱を絡めて食べると、葱の甘み、清涼感、カツオ節の旨味、醤油の塩気が、口の中で爆発する。
超おいしい。
ごはんがすごく進む、濃い味。
葱の甘みと、カツオ&醤油の旨味を正面衝突させることにより生まれる、この暴力的なまでのインパクトは本当に野菜だけで作った料理かと疑いたくなるほど。
ちなみにこの料理法、玉葱を分厚く(2cm位)スライスしたものとかでも応用できるので、是非作ってみてほしい!

四川式汁なし担々麺専門店「タンタンタイガー」を2016年8月10日に蔵前にオープン!
Facebookページに「いいね!」で応援してもらえれば嬉しいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加