このエントリーをはてなブックマークに追加
さて、パスタレッスンの第3回目にして、一旦最終回とさせていただきましょう。
というのは、パスタの【選び方】、【茹で方】ときて、最後は【麺の味が良く分かるパスタのレシピの紹介】で一度締めて、今後はパスタのレシピの紹介にしようと思う。
そして、今回紹介するのは、おれが最も麺をおいしく食べられると思ってるパスタ。

というか、すごく思うことがあるのだが!大体のレストランでで食べるパスタがいかに、ソースのおいしさに重点を当てていて、麺のおいしさを生かすことを重視していないか!
おれも、昔からパスタは好きでよく作っていて、ディ・チェコ(あの青いパッケージに入ったパスタ)のスパゲッティを買って、トマトソースにくるみをすりつぶして入れてコクを出したり、パンチェッタを自作してカルボナーラを作るなど、ソースにこだわったパスタをたくさん作った。

しかし、パスタが麺料理である以上、
①良い麺(パスタ)を選ぶ
②その麺のおいしさをもっと前面に押し出すパスタを作る
ということに着地した。
※色んな麺を試したが、今はPastaManchini社が最高だと思ってる

以前記事で紹介した「【簡単レシピ】庶民のトリュフ料理」のトリュフスパゲッティもその一つで、麺のおいしさを最大限に味わえる。

そして、今回は前回のトリュフスパゲッティを超える、
「真・麺のおいしさを最大限に味わえるパスタ」!

「熟成鶏とハーブのぺペロンチーノ」

<レシピ>
◆材料
鶏胸肉 100g そぎ切り
好みのハーブ 1束 2~3cm程度の長さにザク切り
にんにく 1かけ みじん切り
赤唐辛子 2本 半分に折る
パスタ 160g
オリーブオイル 30ml
パスタ茹で汁 20ml

◆下ごしらえ
熟成鶏を作る
①鶏胸肉の皮を外して、表面にまんべんなくパラパラ塩を振る
②30分放置すると表面に水分が出てくるのでそれをキッチンペーパーなどでふき取り、鶏肉を裏返し、さらに15分~30分くらい置いて、また表面の水分をふき取る
③②をラップにくるんで冷蔵庫で1日置く
④表面が軽く飴色になり、包丁で切ると、弾力がなくなってやわらかくなっていれば成功

◆パスタを茹でる
【パスタレッスン】その2 ~パスタの茹で方~ 通りに茹でて、「少し硬いかな?」位で引き上げる

◆ソースを作る
※パスタを茹でると同時並行で進める

①フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくのみじん切りを入れて弱火で熱する
②にんにくのふちがかすかに色付いてきたら、赤唐辛子を投入
③赤唐辛子の香りが立ったら、鶏肉を入れて、弱火のまま油で温めるイメージで、ゆっくり火を入れていく※鶏肉をひっくり返す回数は1回に抑える!片面焼いて、ひっくり返して、もう片面焼くイメージ
写真
④鶏肉の片面を焼いて、ひっくり返したら一気に強火にして、パスタの茹で汁を入れてフライパンを強くゆする→強火×フライパンをゆする ことでソースを乳化させる
⑤茹で上がった麺を投入して、ソースと和える
⑥麺とソースがまんべんなく混ざり合ったら、好みのハーブを加え、2~3回和える
完成

 
これ本当においしいから是非作ってみてほしい。
おれはパクチーを愛してやまないので、パクチーで作るが、バジル、ルッコラ、三つ葉、せり、なんかでもおいしい。
油でじっくり火入れした熟成鶏はしっとり仕上がってて、うまみが濃く、ソースのだしをもだしてくれる。
そして、ハーブの香りがブワッと香る。
そして、何より麺。鶏肉の旨味とハーブの香りが溶けたオイルでコーティングされた麺は、噛むと、小麦の甘さと、香りが凝縮されていて、爆発する。
後味は、ひたすら麺の甘味が余韻として残る。
あぁ「麺ってうめぇなぁーーー!!」ってなる。

良い麺を手に入れて、是非とも作ってみてほしい!

四川式汁なし担々麺専門店「タンタンタイガー」を2016年8月10日に蔵前にオープン!
Facebookページに「いいね!」で応援してもらえれば嬉しいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加