このエントリーをはてなブックマークに追加
Cooking Maniacを読んでくれている人たちに、声を大にして言いたい・・・

おれはパクチーが大好きだッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!

あの強烈で芳しくクセの強い香り・・・
ジャキジャキした食感・・・
旨味のような苦味のような不思議な・・・

パクチーを主食にしたいぃぃぃぃぃぃぃ!!!!
もうたまらん!!

パクチー嫌いの人は、この時点でページを閉じるだろうけど、パクチー好きの人は大いに共感していただけるのではなかろうか?

ということで今回は・・・
「パクチー好きを骨の髄まで満足させる珠玉のレシピ6選!」
と題うって、パクチー中毒者の皆様を、パクチーまみれにして、快楽に溺れさせるレシピを紹介していくぜっっっ!!!!!!!!


パクチーを安く買うコツ

パクチーは最高を越えるレベルでうまいが、スーパーとかで買うと2~3束で180円前後してしまう・・・・
高い!!!!!!
パクチー唯一の欠点!!!

なので安いところで買えるところを探しましょう!!

僕の1番のおススメとしては・・・

アメ横センタービル地下食品外!!

上野駅から徒歩4~5分、アメ横の入り口から少し歩いたところにアメ横センタービルはある。
ビルは地上5階・地下1階建てで、小さな商店が多数入っている総合ショッピングビルだ。
その地下1階は、一言でいうと・・・物凄い。
マジで、タイとか中国とかの小さな町の市場に来たみたいな雰囲気。
一切こじゃれた感じはなく、完全にガチなアジア。
ここでは、日本では手に入りにくいハーブ・スパイスから、バロット(※孵化しかけのアヒルの卵を茹でたもの)まで、アジアの主要食材から珍味まで何でも揃います。

ここでパクチーを買うと超安い!!!

はっきし言って化け物!!

見てくださいよコレ。


3束(袋)500円なんですけど、実際に買ってみたらこんな感じ。


1袋あたり8束くらい入ってるんで、スーパーで場合の1/3~1/4位の価格!!!!
ってことは3袋買ったから・・・
この量をスーパーで買ったら・・・

2160円!!!

なんと・・・・・

1660円もお得!!

しかも、茎も太くて、香りが強いんですよ!!
なので、パクチー中毒者はアメ横に行ったらパクチーを買い込んで、パクチーを心ゆくまで楽しみましょう!!!

しかし、「なかなか上野まで行けく機会なんてないよ!!」
という方は「肉のハナマサ」がおススメです!!
店舗や、時期によって売ってたり、売ってなかったりしますが、スーパーと同価格で2倍くらいの量が入ってます!!


さぁ、パクチー中毒者の皆様・・・覚悟はいいですか?
珠玉のレシピ6選!!
紹介していきましょう!!


パクチーサラダ
とにかくパクチーを心と腹の底までガツンと味わいたい!!

そんな願いを叶えるレシピです!!!
パクチーがたっぷりないと出来ない贅沢なレシピなので、安く手に入った時には絶対やって欲しい!!!!
初めて食べたとき、嬉しすぎて泣きました。

◆材料
パクチー 好きなだけ

〈ドレッシング〉
オリーブオイル 大さじ2
酢 大さじ1
醤油 大さじ1
おろしにんにく 少々

◆作り方
①パクチーを洗って、よく水気を切り、好みのサイズにカットする
〈ドレッシング〉
②油 2:酢 1:醤油 1
 上記比率でドレッシングを作る
 おろしにんにくはお好みで入れる
〈仕上げ〉
③パクチーを皿に盛り、ドレッシングをかける
完成


〈レシピのコツ〉
①パクチーの水気はしっかり切る
 葉物野菜に付着した水分というのは意外に多いので、キッチンペーパーをでやさしく包んでギュッと押す。
 「野菜の水気をしっかり切る」だけで、サラダは格段に美味しくなります!!
②ドレッシングの黄金比
 油 2:酢 1:醤油 1
 は、醤油系ドレッシングの黄金比です!!
 例えば、上記比率で、油をごま油にして、ごまとかを入れれば中華ドレッシングになるよ!
 便利ダネ!!

コメントはいりません。
パクチーの森にダイブして、パクチーだけをずっと食べ続けるような感覚です。
パクチー中毒者はマジで無限で食えてしまいます!!
この素晴らしさは是非とも体験していただきたい・・・!!!

老虎菜(ラオフーツァイ)

パクチーというのは、世界中の色々な国で食べられていて、色々な呼び名があります。
パクチー、香菜、シャンツァイ、コリアンダー、シラントロ・・・・

そして、4000年の歴史をもつ中国でもメジャーな食材!!

中華料理ってのは本当に偉大で、凄いので、料理好きの方は"中国の古典レシピ"を一度勉強してみることをおススメします。
食材の新たな一面や、新たな味わいを発見できる優秀レシピだらけ!!

今回の老虎菜も中国古典レシピのひとつ。
「パクチー、きゅうり、青唐辛子を油と塩で食すもの」
が起源なのですが、青唐辛子だけだと辛すぎるのでピーマンを加えるレシピが一般的なようです。

なかなか、中華料理屋でもみかけないレアな料理です。

◆材料
パクチー 3束
きゅうり 1/2本
ピーマン 1個
生青唐辛子 3本
ごま油 大さじ1
塩 2g(野菜全ての重量の1%)
味の素 1g(ひとつまみ程度)

◆作り方
①パクチーを洗て、水気をよく切り4cm程度に切る
②きゅうり、ピーマン、青唐辛子を4cm程度の長さにせん切りにする
③②をボウルに入れ、ごま油、塩、味の素を加えて和える
完成


・・・・・・・・・・・・・・・!!!
これは、すごい!!!

多分、パクチー・きゅうり・ピーマン・青唐辛子に共通する「青野菜の香り」ってのがあって、それが共通項として全体を調和しているんだけど、パクチーの独特の香りも強烈に鼻に抜ける。
そして、このシャクシャク、、ジャキジャキ、パリパリした食感の気持ちよさ。

今までさんざん食べたパクチーの新しい味わいを感じられます!!
さすが中国の古典レシピだなーーーーー!!!!

超簡単なので、前菜として是非作ってみてください!!

パクベーゼペースト

これもまた、パクチーを大量に使いますが、パクチー中毒者に重いボディブローを放つ一撃レシピです!!

イタリアンでバジルを使って作る「ジェノベーゼソース」をパクチーを使って作るのです!!
パクチーの風味に合せて、エスニックの調味科も使うことで、普通のジェノベーゼソースとはかなり異なる味わいになってますよ!!

◆材料
パクチー  40g(根も含める)
にんにく みじん切り1かけ
カシューナッツ 30g
※ナッツ系なら何でもよし
粉チーズ 20g
サラダ油 10ml
ナンプラー 10ml

◆作り方
①カシューナッツを炒って、少し焼き目がついたら取り出し、粗熱をとる
②パクチー、パクチーの根、にんにく、①を細かくみじん切りにする
③②と全ての材料をフードプロセッサーにかける
完成


これを作ると、キッチンがパクチーの風味で充満します!!
パクチーアロマセラピー!!!!!!!!

ちょっと科学的な解説をすると・・・
パクチーの芳香成分は、細胞を潰した時に飛び出す揮発性物質なので、ペースト状にすることで芳香成分が爆発的に飛び出します!!
そして、香り成分というのは親油性をもつので、油に溶けやすい性質を持つんです。
つまり、パクチーに脂肪分を加えて、ミキサーで潰しながら混ぜることで、大量に飛び出したパクチーの香り成分が油に溶けて、香りを吸収するってことなんですよ。

もっと分かりやすく言うと、パクベーゼペーストは"パクチーの香りの爆弾"ってこと!!

さぁ!!このパクベーゼペーストを使ったレシピを2つ紹介しましょう!!

パクベーゼうどん


パクベーゼうどん

1番簡単に、パクベーゼペーストの真価を味わえるレシピ!!

「なんでパスタを使って作らないの?」

と思われるでしょうが、パスタはデュラムセモリナ粉を使用しているため、かなり小麦の香りが強いんです。
それよりも、香りにクセのないうどんの方がパクチーの香りをダイレクトに味わえます!!

◆材料
冷凍うどん 1玉
オリーブオイル 10ml
パクチーペースト 大さじ山盛り1
ナンプラー 小さじ1
パクチー 好みの量

◆作り方
①丼にオリーブオイル、パクチーペースト、ナンプラーを入れる
 ※丼は予め温めておくとgooooooooood!!
②冷凍うどんを茹で、①に入れる
③うどんと、パクチーペースト、調味料をよく和え、パクチーを適量乗せる
完成


パクベーゼペーストうまーーーーーー!!!!
ナッツやチーズのコクと、ナンプラーの旨味が絡んで、こってりとうどんに超合う!!
そして、なによりこの香りね!!
もうパクチーまみれ!!

それに気分的にも「僕は今、パクチーを贅沢に使った料理を食べているんだ!!」という優越感のようなものを感じられます!


パクチーピラフ

パクベーゼペーストを使った料理第二弾です!!

ピラフと名づけてありますが、ピラフは米をスープで炊いたご飯のことなので厳密にはピラフではありません!!
でも、見た目と味がどうしてもピラフを想起させるのでピラフにしちゃいました!!
非難のコメントが多ければ「パクチーチャーハン」に変えます!

これは、パクチー好きの友人にも大好評で、「これを出す店があったら通うわ!!」とのことでした。
パクベーゼペーストさえあればめっちゃ簡単なレシピです!!

◆材料
ご飯 茶碗に大盛り1杯
バター 20g
にんにく 1かけ
小エビ 7~8尾
パクチーペースト 大さじ山盛り1
ナンプラー 小さじ1
塩 ひとつまみ
パクチー 好みの量

◆作り方
①フライパンにバター、にんにくのみじん切りを加え弱火で温める
②バターが全て溶けたら中火にして、海老を入れる
③海老の表面が赤くなってきたらナンプラーを加えて少し炒める
④パクチーペーストを加えて、直後にご飯を入れる
⑤パクチーペーストとご飯がまんべんなく混ざるように炒める
⑥味をみて薄いようであれば、塩をひとつまみ程度加える
⑦皿に盛り、上にパクチーを乗せる
完成


おいおいうまいよこれ。
とにかくパクチーの香りが爆発してる!
そして、プリプリの海老とパクチーの香りの組み合わせが素晴らしい!!
パクチーは甲殻類のフレーバーとのマッチングがとても良いんですよ。
ナンプラーと、パクチーでアジアンな雰囲気になると思いきや、バターと、パクベーゼペーストに入っている粉チーズの風味で、洋食とかフレンチっぽい雰囲気が漂っています。

ご飯大盛2杯分くらい食えそうだな、こりゃ。

ラープ・ムー

最後は、僕が考える、
「パクチーを使った最もおいしいと思う料理」
です!!!!!
 
それがこいつ「ラープ・ムー」!!!

北部タイの料理なんですが、日本語で説明するなら、
「豚肉の香草サラダ」
です。

8年前にタイで食べて、あまりのおいしさに衝撃を受けて、日本の色々なタイ料理屋で食べ歩いて研究して完成したレシピです!!

◆材料
豚肉ロース肉薄切り(生姜焼き用)  400g
紫玉ねぎ 1/2個
青唐辛子 3本
※8~10本位入れると、かなり本場な感じになります!
パクチー 6束
※たっぷり入れたければもっと入れてもOK!!
ライム 1個
ナンプラー 大さじ1
生米 小さじ1

◆作り方
〈下ごしらえ〉
①パクチーは3~4cmにカット、紫玉ねぎはなるべく薄くスライス、青唐辛子は薄く小口切りにする
②生米を軽く焼き目がつくくらいに炒って、ミキサーやすりこぎでやや粗めの粉末状に砕く
③湯に塩を加える
 ※ラーメンのスープよりややしょっぱい程度
④③の湯が沸騰したら火を止め、ゆっくり1枚づつ豚肉を茹でていく
 ※豚肉が硬くならないよう、火を通しすぎない
⑤茹で上がった豚肉をザルにあけ、水気が切れたら短冊状にカットしていく
〈仕上げ〉
⑥①、⑤、ナンプラー、ライムの搾り汁をボウルに入れ、混ぜ合わせる
⑦②を加え軽く混ぜ合わせる
完成


止まらねぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
箸が止まらねぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーー!!!!
あぁーーー、マジでうまいよ、やばいよ。

パクチー爆発!!大爆発!!!!

ほんのり温かい豚肉と、パクチーの香り・食感、ナンプラーの旨味、ライムの酸味、青唐辛子の辛味、全てが渾然一体となって・・・・
圧倒的アジア感!!!!!
それに炒った米の粉末が香ばしく、その上酸味を抑えて口当たりをやさしくしてくれているんだよなぁぁ。

油を使ってないし、豚肉は茹でてるし、野菜がたっぷりだし、ライムの酸味が効いてて爽やかなので、マジでいくらでも食えるんですよ。

ハナマサで1kgの豚肉を買ってきて、大量に作ってパーティ料理なんかにもできます!!
ちなみにパクチー好きの友人達にも断トツで1番人気でした!!!

夏にもおススメなので是非!!作ってみて欲しいッス!!!


さぁ、いかがでしたでしょうか?
パクチーには高いデトックス効果や、整腸作用、食欲増進など様々な効能があるみたいなので、夏こそ最高におススメでっせ!!

四川式汁なし担々麺専門店「タンタンタイガー」を2016年8月10日に蔵前にオープン!
Facebookページに「いいね!」で応援してもらえれば嬉しいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加