食べた感想

【食べた】ラーメン大至


ラーメン大至

チャーシューワンタンメン(920円)

うまいなぁ・・・

スープは、インパクトこそないけれど、ふうわりとした甘みと、濃すぎず丁度よいうま味、鶏ガラベースで、昆布と節系のうま味が後押ししている印象。

節の魚介風味はほぼ皆無です。

飲んですぐは、鶏由来のだしの風味を感じるんだけど、鼻から抜ける風味はまるい醤油の風味。完全に角がとれた風味だ。

そして、麺との相性がとてもよい。

麺は表面がつるつるしてて、ふんわりやわらかくて、この優しいスープとよく合っている。

チャーシューは、低温調理されていて肉感たっぷり。

ワンタンは、中に肉とレンコンらしきものが入っていて食感が楽しい。

全体の調和がとってもとれてるラーメンだなぁ。

しかし、最近の澄んだ醤油スープのラーメンの上に、必ずネギが乗っているのは、どうしても解せない。

ネギの強い香味成分が、ラーメンの表面の油に溶けて、丼の香りを支配してしまう。

せっかく、繊細なバランスで丹念に作られた香りが、単なるネギの香りに支配されてしまうってのは、どうにも残念なんだよなぁ。

こんな不満を持ってるのに、毎回『ネギ抜き』を忘れる俺もお馬鹿さんなんだけどね。