食べた感想

【食べ歩いた】朝の築地

朝の築地は最高だ・・・

特に平日の朝の築地は、活気もあり、人もたくさんいてお祭りみたい。

そして、うまいものがとにかくたくさんある。

朝の築地で、オススメのおいしいものを紹介しよう!

【鳥藤の親子丼】



親子丼 800円

築地の市場内にも市場外にもあるお店。

今回は、市場内の方に行った。

この店は、鳥肉の卸をやっているので、リーズナブルにおいしい鳥料理を食べれるのが売り文句。

さて、親子丼を食べてみた。

まず、卵の火加減がすばらしい。とろとろなのに、しっかり火が通っている部分がしっかりあって、弾力と、ふわふわも感じられる。

味付けは甘めで濃いめ、しかし甘ったるいわけではなく、キリッとした甘みで、そこに醤油の味がしっかり主張してて、うなぎのタレとかを思わせる、江戸の味つけ。

鳥肉はもも肉のみで大振りで、弾力あって、ジューシー。鳥肉を食ってるな、って感じがする。

そして、ご飯には、卵のタレが染みてて、卵かけごはんみたいになっている。

スタンダードにレベルの高い親子丼だ。おいしい。

【きつねやのホルモン丼】



ホルモン丼 850円

築地場外にあって、駅の立ち食い蕎麦屋みたいに開放的なお店。

行列こそないものの、ひっきりなしに客がくるお店。

さて、このホルモン丼。

とにかく茶色い!なので、名古屋のドテ煮みたいな、激甘、こってりな味かと思いきや・・・

衝撃的な味だ、こりゃ・・・・!

まず、全然甘くない!そして、塩加減が本当に程よくて、丼としてギリギリの塩味。

不思議な味付け。甘くなくて、塩味もぎりぎりで、醤油、味噌が主張しているわけではない。

ホルモンのだしが、これでもか!って位出ているのに、脂っこくなくて、しつこくもくどくもない。

超濃厚なのに、さっぱりしている、っていうなんとも不思議な感じなのだ。

味付けが全然分析できない。分からない。

もちろん、臭み、なんて全くない。

そして、ホルモンは、すっごいやわらかいんだけど、頼りないやわらかさじゃなくて、歯応えをしっかり残したやわらかさ。

そして、丼としての一体感は半端じゃない。

やわらかいモツと、濃厚ながらクドクないとろとろのだしが飯に染みこんでて、サラサラかきこんだ時の、丼としての一体感を是非、体感してほしい。

とにかくうまい!!

【おにぎり屋 丸豊のいくらおにぎり】



いくらおにぎり 220円

築地場外で、店頭におにぎりだけをダーッって並べてあるお店。

たこ飯、かき飯、鮭といくらの親子おにぎり、とかなかなか珍しいラインナップ。

そして、このいくらおにぎりは本当においしい。

まず、おにぎりとは思えないくらいいくらがたっぷり入ってる。

アップした写真からも分かるように、おにぎりの外からも確認できる。

そして、中にもぎっしり!



しかも、このいくら、やはり築地のものだけあっておいしい。

プチッとはじけて、クリーミーなほどにコクがあって、ねっとりと下に絡みつく。

もちろん生臭さは皆無。

そして、味付けは程よくって、全然醤油とかの尖った風味がない。

しかも、米も一粒一粒が甘くておいしい!

築地に行ったら絶対食べたいおにぎり!

そして、冬の築地では生ガキが売っている魚屋がいくつかあって、その場で食べられる。



大振りで、身が甘くって、最高においしい。

これも是非食べてみてほしい!